アビスパ

草津戦~見えたもの、見えないもの

投稿日:

どんな内容であれ、何とか「勝ち」にこぎつけた試合でした。 (試合データはこちら)
正直、試合内容は特筆すべきものは何もありませんでした。
相手の凡プレーによるPK獲得がなかったら、そのままズルズルいっていたかも・・・。

特に前半のプレーぶりは何だったのか。
春先のトレーニングマッチでも見ているのではと錯覚に陥るような内容。
なんせJ2下位チームにああいった内容では・・・。

後半多少盛り返しましたが、崩し切った印象は殆どありませんでした。
「今年やろうとしたサッカー」は見えなかったどころか、本当にわからなくなりました。
改めて感じたのは(いつものことですが)久永という選手の存在価値ぐらいでした。
まあ、試合内容はこれくらいです。

昨日も書きましたが、試合前から何か殺伐としていて、いつもと雰囲気多少違いました。
表情が曇って話し込んでいる人が多かったように感じました。気のせいかな・・・。
かなり厳しい内容の横断幕も多数登場しました。

     

書かれていた内容には、色んな意見があるかもしれませんが、西スポの続投記事よりも
サポーターの気持ちを代弁しているし、説得力があるものだったと思います。
少なくとも「今年何が良くて、何が悪かった」それぐらいはしっかり考えてください。
何で今の状態になってしまったのか・・・。
「続投」とかはそれを踏まえた上で、どうなんだって話なんですから。

そんなこんなで試合が始まったんですけど、その後確認できた事がありました。
それは「博多の森のみなさん」です。
こんな状況でも試合が始まればいつもの雰囲気。

今年最大にして唯一の目標を見失いかけての平日ナイター。
札幌戦の不甲斐なさもありましたし・・・。

でも7000人以上の人が集まりました。決して少ない数字だとは思いません。
状況が状況ですから、思いに多少のズレはあるでしょう。
「それでもアビスパを応援したい」「意地を見せて欲しい」「まだ諦めない」
「勝ってみんなで喜びたい」「勝って次の試合まで心地よく過ごしたい」
そんな人達が集まった夜でした。

少し心が温かくなって、元気を貰ったような気がします。
自分にとっては、皆さんの存在を改めて確認できたことが一番大きい事でした。
拙い試合内容も何かどうでもよくなりました。

今日も理屈っぽかったので、坊やの写真で終わりにします。

     

-アビスパ

Copyright© アビスパな初老男、徒然な日々 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.