未分類

2019.10. 27J2リーグ vs 柏レイソル(37/42)

投稿日:

今季2度目の関東遠征・・・いや千葉遠征であります。

本来は「大宮戦+ルバン準決勝」を目論んでいたのですが、息子君の誘惑にも載ってしまい
「ルバン決勝+柏戦」に変更。
(その後、台風などで大宮戦は延期になったので、いずれにせよ、こっちでよかったのですが・・・)

まず、私の中での今回の遠征の「前菜」のつもりだった土曜日のルバン決勝を少し報告。

4万8千人という入りはルバン決勝では普通なのでしょうが、流石に人の波でしたね。

DSC_1792.JPG

DSC_1794.JPG

「快適な観戦環境」過ぎる我がチームの試合と違い、特に帰りはかなり苦労しましたが、そんなもの
何とも思わない、皆様ご承知の通りの「絵にかいたような」劇的な試合。

試合内容、プレーのクオリティ、会場の雰囲気・・・

サッカーの商品価値とはそもそも何なのか、どっぷりJ2モードに浸かってしまった最近の私の感覚を
目覚めさせてくれた試合でもありました。

バックスタンド8列目という観戦環境でしたが、周りは川崎サポ7割、コンササポ2割、
その他1割みたいな感じだったでしょうか。

両チームのサポータの皆さんは本当に大変だったでしょうね。

川崎サポの皆様に「おめでとうございます!」と声をかけさせていただきましたが、ついその後に
「羨ましいです・・・」と本音が出てしまいました・・・(汗)

いずれにせよ、私にはとんでもない贅沢な「前菜」となりました。

明日はうちも・・・「メインデッシュ」はあくまで明日。

そんな柏戦です。

柏駅に到着後は、アウェイサポには優しいマップ等の配布もあり、徒歩20分ほどで難なくスタジアムへ。

途中、「レイソル通り」ではレイソルのフラッグが並んでいましたが、一つだけアウェイチームの
フラッグも見つけました。

DSC_1807.JPG

スタジアムへ入ると、アウェイサポーターは完全隔離されており、ホーム側のスタグルを含め、
雰囲気を満喫できなかったのは少し残念でしたが、ピッチの近さは「小学生の息子の試合を
応援している」レベルの近さ。

DSC_1808.JPG

俄然気持ちも持ち上がり、相手様との力の差を考えると厳しいながらも「何とか勝ち点を持ち帰るぞ」
と思い、ゴール裏スタンディングでの参戦で迎えたキッキオフであります。

試合の入りはいつも如く・・・早速CKからチャンスを迎えるなど悪くない・・・と思ったのですが・・・

多分開始7,8分でしょうか。
互角に戦えたのは・・・

その後は相手様の組織、個、そして球際や激しさ。

すべてに後手を踏み、ひたすら肝を冷やし続ける展開。
まあ、時間の問題とはこういった状況を指すのでしょう。

その後の展開は・・・

負け続けている今季でも有数の「話すことに困る」試合でした。

「今の段階で本来目指すべきレベル」との埋めるべき差を見せつけられた試合となりました。

「メインデッシュ」はあくまでこの試合だったですが、わずかな美味しさも満腹感も得られず。

残留だけを目指している現状で、J2独走の相手様に負けて何か言うつもりはなかったのですが、
それでも何かを感じずには居られないという感じでしょうか。

取り急ぎ今日は、強すぎた相手様に敬意を表し、壮大な相手様ゴール裏であります。

DSC_1820.JPG

はい、これで今季のアウェイ観戦は終了。
4戦4敗、0得点10失点で、「お前が来るからだよ」ってお叱りを受けそうな疫病神ぶりですが
お許し下さいませ・・・(汗)

まあ、こんな年もあるさ・・・

次のホームゲームは頼むよ!!

VAMOS AVISPA福岡!
我らといつもともに!!

-未分類

Copyright© アビスパな初老男、徒然な日々 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.