アビスパ

2019.3.2 J2リーグホーム開幕戦 vs Ⅴ・ファーレン長崎

投稿日:

ややショッキングな沖縄での敗戦を経て、博多の森でのホーム開幕ではありますが、
森は森でもレベスタではなく、陸上競技場でのホーム開幕戦。

心配された雨は回避されたものの、入口は?トイレは?ピッチを見た感じは?
チーム同様、試合会場に臨む私たちも、まさに「手探り」状態なのであります。

そんな試合前、開催場所はどこかなぁと思っていた「集会」もいつもどおり。
年甲斐もなく参加し、今年は跳ぶことと、歌うことを同時に行いましたが、20分が限界。

今シーズンももちろん、バックスタンドに住民票を置くのであります(汗)

そして、長崎在住アビサポの私には気になる対戦相手。
この日はいつも以上にたくさんの長崎サポも来福。

私事ではありますが、同じ職場・・・というより直属の部下数名もアウェイゴール裏に
陣取っており、まさに「負けられない」戦いなのです・・・(^▽^;)

そんな中でこんな風景も発見。
ヴィヴィ君にチャンとがある事さえ知らなかった私ですが、それにアビー、ビビーが乗っかてる。

長崎の皆さんはアビスパをリスペクト抱いて頂いている気がしております。

そんなスタジアムならではの雰囲気を楽しみつつ、スタメンを見るとサネが右に移動。
スタメンはないとおもっていたケネ君と篠原のCBコンビですが、その前にドゥジェが君臨。

ファビオ監督は攻め重視ですが、自らの修正に加え、相手を相当緻密にスカウティングするの
でしょうね。

いよいよキックオフ。
まあ、ピッチは遠いけど、観戦には問題なし。

立ち上がりしばらくは裏に長めのボールを入れてましたが、その後はいつものスタイルに。
琉球戦と違って、比較的前からハメることが出来てる感じで、セカンドボールの回収率も
よく、前半は狙いのハーフコートゲームに持ち込みます。

ただ、アタッキングサードに持ち込んでも、最後まではやらせてもらえず、シュート数も
思ったほど伸びないまま前半終了。相手様も想定内でしょうね。

後半は相手様のプレススピードが上がったせいか、パスをカットされ、危ない場面も散見。
(このピッチ、あまりボールが走らない気がする・・・)

このまま、ズルズル行きかねない感じでしたが、無失点で我慢すると、盛り返して
決定的場面も演出。

ややカウンター合戦の様相も呈しますが、結局は「0-0」。

何でこのカードはこのスコアが多いのかなぁ・・・

まあ、いずれにせよ優劣つけ難い内容だったので致し方ないのでしょうね。

今季初の勝ち点を得れたと、ポジティブ思考となるのは、それほど難しいことでは
ない気がします。
(何より・・・職場でディスられることはないなぁ・・・(^^;)

次節こそ勝ち点3を得て、真のスタートを切るのであります。

VAMOS AVISPA福岡!
我らといつもともに!!

-アビスパ

Copyright© アビスパな初老男、徒然な日々 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.